4・筋トレで体脂肪は減らせるの?効果的なトレーニング方法とは

体脂肪を減らす、痩せると考えた時にまず最初に何をしようと考えますか? おそらくまず筋トレを始める方が、非常に多いのではないでしょうか。

 

ですがこれは大きな間違いで、そんな筋トレの様なしんどい運動は必要ありません。

 

無酸素運動と有酸素運動の違い

無酸素運動は短距離走、又は腹筋や腕立て伏せなど、激しく瞬発的な運動です。 これらのトレーニングは脂肪が減るというよりも、筋肉が付きます。

 

逆に有酸素運動はウォーキング、又はエアロビやヨガなどのトレーニングとなります。

 

有酸素運動は筋肉が付きにくいですが長時間でき、脂肪を燃焼させやすい運動です。

 

つまり筋トレを始めるより、ゆったりとできて長い時間続けられる運動の方が良いわけです。 もちろん筋肉がしっかり付いた体にする為には、筋トレは欠かせないのは事実です。

 

ですが女性だと筋肉を付けたくない方も多いですし、体脂肪を減らすだけならば筋トレは要りません。

 

脂肪が燃焼し減り始める時間

脂肪を燃焼させ減らすには、20分以上のトレーニングが必要となります。

 

例えば短い時間の腹筋運動を毎日しても、脂肪はほとんど減らないということです。 体脂肪は減らず、脂肪の下に筋肉が付いていくと考えてもらえば、分かりやすいのではないでしょうか。

 

それよりもウォーキングを毎日30分したりする方が、遥かに効果的なトレーニングと言えるでしょう。

 

脂肪を減らすだけなら、息を止めて一気にやるような運動は不向きです。

 

毎日簡単に続けられ、運動不足の方にもできる運動から始めて下さい。

 

歩いただけで体全体の体脂肪って減るの?

お腹の脂肪や、二の腕の脂肪を減らしたい方は、どうしても腹筋や腕立て伏せをしてしまいがちです。

 

ですが体脂肪を減らすだけならば必要ありません。

 

歩くという行為は単に足だけでなく、腕も振りますし腰も動いています。

 

つまり体全体の運動をしているわけです。

 

もちろん30分歩いたから劇的に体脂肪が減り、体重も減るなんてことはないでしょう。

 

しかし毎日脂肪を少しずつ燃焼させ、減らしていくことにより効果は必ず出てきます。
歩くという行動は一番簡単で、お金もかからない最高のトレーニングだということを覚えておいてください。

 

筋肉を付ける為の運動と、体脂肪を減らす為の運動の違いが分かっていただけたのではないでしょうか。

 

体脂肪を減らす為の効果的なトレーニングは、意外に簡単です。

 

外に出たくない時は、家で20分以上のストレッチをするだけでも効果が期待できますので始めてみましょう。